新着情報

歴史行路文庫最新刊
『斬雪 龍之助一両剣』配信!

馬庭念流の豪剣が生んだ悲しき因縁…。
今は亡き妻を弔うため、故郷に向かう!
幻の剣豪チャンバラ時代小説、第三弾!

斬雪 龍之助一両剣
早見 俊・著 ¥551

電子書籍はこちらからお買い求めいただけます

【あらすじ】

独り酒をひっかけた帰り道、不意に襲われた佐分利龍之助。
因縁ある高崎藩から送られて来た刺客なのか?
得意の馬庭念流を揮い、なんなく撃退した龍之助は、亡き妻・道代を思い出していた――。
過去に決着をつけるべく、高崎へ行く決意をした翌日、岡っ引の佐助から用心棒の依頼が舞い込んだ。
なんでも、根津にある安行寺の張り込みに付き合ってほしいと言う。
このところ江戸市中で噂になっている、墓磨き騒動の真相を暴きたいらしい。
墓を磨くだけで何かを盗むわけでもない連中だが、どうやら不穏な動きがあるとのこと。
高崎行きを数日後にして、南町奉行所の定町廻り同心・星野謙蔵らと墓の見張りをしていた龍之助が見たものとは!?
道代を殺した真の下手人は誰なのか? なぜ道代は殺されなければならなかったのか?
墓磨き騒動が思わぬ糸で、故郷へと結びつく!
死地・高崎藩に足を踏み入れた龍之助は本懐を遂げられるのか!?

【登場人物】

佐分利龍之助……元高崎藩勘定方で、馬庭念流の遣い手。妻の道代を亡くし、江戸へ出、用心棒で糊口を凌ぐ。
星野謙蔵……南町奉行所の定町廻り同心。剣術はからきしの腕前だが、勤めには真剣。
佐助……星野から手札を与えられている岡っ引。「古狸の佐助」と呼ばれている。
山崎監物……馬庭念流を遣う、高崎藩の剣術指南役。東条千念斎道場の師範代でもある。
久兵衛……古着屋の主人だが、得体の知れない男。

【著者略歴】

早見 俊(はやみ しゅん)
1961年、岐阜県岐阜市生まれ。法政大学経営学部卒業。
会社員の頃から小説を執筆、2007年より文筆業に専念。時代小説を中心に著作は二百冊を超える。
「居眠り同心影御用」(二見時代小説文庫)、「佃島用心棒日誌」(角川文庫)で第六回歴史時代作家クラブシリーズ賞受賞。
『うつけ世に立つ 岐阜信長譜』(徳間書店)が第二十三回中山義秀文学賞の最終候補となる。
現代物にも活動の幅を広げ、『覆面刑事貫太郎』(実業之日本社文庫)、『労働Gメン草薙満』(徳間文庫)、『D6犯罪予防捜査チーム』(光文社文庫)を上梓。
さらにビジネス本も手がけ、『人生! 逆転図鑑』(秀和システム)を2020年11月に刊行。
日本文藝家協会評議員、歴史時代作家集団「操觚の会」副長、三浦誠衛流居合道四段。
「このミステリーがすごい」(宝島社)に、ミステリー中毒の時代小説家と名乗って投票している。

斬雪 龍之助一両剣
早見 俊・著 ¥551

電子書籍はこちらからお買い求めいただけます


【シリーズ既刊】

狐退治 龍之助一両剣
早見 俊・著 ¥551

電子書籍はこちらからお買い求めいただけます

狢ごろし 龍之助一両剣
早見 俊・著 ¥551

電子書籍はこちらからお買い求めいただけます


※歴史行路文庫をお読みいただくためにはKindle端末またはKindleアプリが必要です。