新着情報

『日本の城』
歴史資料レビュー
赤佐汰那先生

赤佐汰那の書見台 赤佐汰那
歴史行路編集部
歴史行路編集部

「歴史・時代小説を楽しむためにはビジュアルイメージをどれほど頭の中に抱えておくかが分かれ目になるわけである」
 映像や漫画と違って、小説は頭の中でそのシーンに関わるすべて――服装や日用品、建物などをイメージしなくてはなりません。
 特に、戦国時代を舞台とした小説にとって、合戦シーンは見せ場のひとつ。
 忍城の水攻め、真田家の籠城戦などをより一層楽しむための「書見台 読書三到」第17話。
 赤佐汰那先生のレビューをぜひご覧下さい。

 ⇒ 「赤佐汰那の書見台」第17話「日本の城」

「赤佐汰那の書見台 読書三到」とは?
「戦国や江戸って、どんな時代なの?」「昔の人たちが喋っていた言葉とか、食べていた料理とか、着ていた服とか、まったく想像できない!?」「時代劇はどこまで本当なんだろう?」などなど。
 とどのつまり、「歴史時代小説をもっと愉しみたい!」、常々そう思っているあなたのために贈るコーナーです。
 歴史時代作家を目指す人たちも必読、デビューの近道となるかもしれません!