その日、なにが起こったか? 今日の歴史的な出来事 新着情報

10月4日
今日の歴史的事件
フェートン号事件勃発

歴史行路編集部
歴史行路編集部
 今日、10月4日は――




フェートン号事件勃発

 イギリス軍艦フェートン号による長崎港不法侵入事件が起こった日です。
 文化5 年(1808年)8月 15日のことでした。

 ベンガル総督ミントーの政策により、オランダ商船を捕獲すべく、ペリュー艦長率いるイギリス軍艦フェートン号がオランダ国旗を掲げ、突然長崎港に不法侵入してきたのです。
 当時のイギリスが、ナポレオン戦争の結果、フランスに併合されていたオランダ(バタビア)と交戦関係にあったことが、長崎港侵入の遠因となっています。

 彼らは、オランダ商船と誤認して出向いた長崎奉行所役人、通詞、オランダ商館員を襲い、商館員2名を拉致すると、長崎奉行に対し、人質と引き換えに、水、野菜、薪水、肉などを強要したのです。
 警固をしていた長崎奉行所および100名ほどの佐賀藩兵は、フェートン号の乱暴狼藉になすすべなく、長崎奉行がこれに応じると、ペリュー艦長らは人質を釈放した後、長崎から去って行きました。
 その晩、長崎奉行の松平康英は責任を感じて、切腹してしまったのです。

 この事件は幕府に大きな衝撃を与え、鎖国海防策の強化を進め、文政8年2月18日(1825年4月6日)に異国船打払令を発布するきっかけとなりました。


   


[平成30年(2018)10月4日]掲載