その日、なにが起こったか? 今日の歴史的な出来事 新着情報

9月24日
今日の歴史的事件
堂島米会所正式認可

歴史行路編集部
 今日、9月24日は――




堂島米会所正式認可

 江戸幕府の公許により、堂島米会所が設置された日です。
 享保15年8月13日(1730年)のことでした。

 江戸初期から諸藩の蔵屋敷や蔵元、米仲買、両替屋が集中して存在し、年貢米を中心にした全国の米が集散していた大坂では、当初、豪商の蔵元淀屋の門前で取引されていましたが、淀屋が闕所となったのを機に、堂島へ米市場が移されます。

 江戸時代最大の米市場である堂島米会所は、現物取引の正米取引、先物取引の帳合米取引、小口取引の虎市などが行われていました。
 未廻着米を見込んだ切手の発行が多く、しばしば争いが起こったため、米方年行司が取締りを行なっていたそうです。
 世界で初めて、現代的な先物市場の仕組みを整備した先物取引市場だったのです。

 のち、明治に時代が移ると、その役割は大阪堂島米商会所へと引き継がれました。


   


[平成30年(2018)9月24日]掲載