その日、なにが起こったか? 今日の歴史的な出来事 新着情報

9月17日
今日の歴史的事件
織田信長、稲葉山城入城

歴史行路編集部
 今日、9月17日は――




織田信長、稲葉山城入城

 織田信長が斎藤龍興との戦いに勝利、稲葉山城に入城した日です。
 永禄10年(1567年)8月15日のことでした。

 8月1日、美濃三人衆と呼ばれた氏家直元(卜全。ぼくぜん)・稲葉良通(一鉄)・安藤守就の国衆が、信長に寝返ったときから始まったともいえる稲葉山城の戦いは、斎藤氏の領地である美濃国井之口(現在の岐阜県岐阜市)で起こりました。

 信長への忠誠心を見せるため、人質を差し出すつもりだった美濃三人衆でしたが、信長はそれより先んじて行動に出ます。
 なんと、稲葉山に尾根続きの瑞龍寺山をたちまちのうちに占領すると、城下を焼き討ちにし、裸城にしてしまったのです。
 美濃三人衆が礼に現れた8月14日には、すでに城の周囲に鹿垣が組まれた後でした。
 翌日、到底かなわぬと判断した、城主の龍興は稲葉山城から長良川に逃れ、伊勢国長島へ落ちていったのです。
 7年の歳月をかけた信長の美濃攻めが、ようやく終わりを告げた瞬間でした。

 戦い終えた信長は稲葉山城に入ると、井之口を岐阜とあらため、同時に稲葉山城を岐阜城としています。
 そしてこの頃より、天下統一を意識した[天下布武]の朱印を用いるようになりました。


   


[平成30年(2018)9月17日]掲載