その日、なにが起こったか? 今日の歴史的な出来事 新着情報

9月14日
今日の歴史的事件
生麦事件勃発

歴史行路編集部
歴史行路編集部
生麦事件勃発




 今日、9月14日は――

 薩摩藩士がイギリス人を無礼討ちした生麦事件が勃発した日です。
 文久2年8月21日(1862年)のことでした。

 幕政改革を献策し終えた大原重徳に随行し、江戸から東海道に沿って帰洛していた薩摩藩主島津忠義の父・島津久光の一行――
 武蔵国橘樹郡生麦村(現在の神奈川県横浜市鶴見区生麦)辺りを通りかかった行列の目の前に、騎乗したままのイギリス人が現れました。
 外国人遊歩許可区域内に建つ川崎大師の観光に来ていた彼らは、露払いのかけ声の意味を知っておらず、狭い路上でどのように立ち振る舞うべきか、戸惑っていました。
 馬から下りもせずに、行列を乱したリチャードソンら4名に対し、無礼な振る舞いだと激昂した供回りの薩摩藩士・奈良原喜左衛門(ならはらきざえもん)らが斬りかかり、1人が死亡、2人が重傷を負ってしまいます。

 これに憤慨した横浜の在留外国人らは報復を主張しましたが、イギリス代理公使のニールは外交交渉によって、事件の鎮静化を模索しました。
 ところが、薩摩藩は幕府を通じての、イギリスからの賠償請求を拒否。また、下手人の引き渡しも求められていましたが、下手人である岡野新助は浪人であり、行方知れずとして、一蹴したのです。

 尊王攘夷運動が最も高まっていた政情であったため、一刻も早く解決を図りたい幕府は、イギリスが要求した謝罪文と賠償金に応じました。
 しかし、薩摩藩の態度に業を煮やしたイギリスは、ついに鹿児島に向けて艦砲射撃をはじめ、薩英戦争が勃発してしまいます。

 結果、破れた薩摩藩は、最新武器の必要性を痛感、攘夷派から開国派へ転向しました。
 この薩英戦争での薩摩藩敗北が明治維新の流れを作ったと言われています。


   


[平成30年(2018)9月14日]掲載