新着情報

人気シリーズ・第三作!
歴史行路文庫 最新刊
『のらくら同心手控帳[三]蛍火の里』配信

歴史行路編集部
歴史行路編集部
シリーズ第一巻~第二巻、第1位獲得! (Kindleストア/歴史・時代小説カテゴリーランキング)
人気沸騰中の連作捕物帳、第三弾!

『蛍火の里 のらくら同心手控帳[三]』
瀬川貴一郎・著 ¥605
電子書籍はこちらからお買い求めいただけます

【あらすじ】
人を捕らえるは易く、人を裁くは難し。
深き人の業になぜ差などあろうものか。

定町廻り同心の雨宮雪之介は、とある事情で、与力の前島兵助からご馳走にあずかることとなった。
店は高級料亭〈佐倉〉。隣に住む夏絵を一緒に連れてゆけと言う。
どうやら、いつまで経っても、つかず離れずのふたりに気を利かせたらしい。
ありがたく座敷に上がって、見た目も味も上品な料理に舌鼓を打つ雪之介と夏絵のふたり。
雅やかな品書きも、そろそろ半ばになった頃、店の者が挨拶まわりにやってきた。
両手をついて頭を下げたのは、主の万之助と、お弓と名乗る料理人。
と、雪之介は、その女料理人から目を離せなくなってしまった。
なんの巡り合わせか、二十年前、別れ離れになったままの幼馴染だったのだ。
初めて恋心を抱いた相手との偶然の再会に、雪之介は淡い想いが胸に満ちる。
夢中となるふたりの昔話に、機嫌を損ねることなく、夏絵も聞き入った。
そして、店を辞した数日後――
老岡っ引の金次が役宅へ駆け込んできた。
「殺されたのは料亭〈佐倉〉の主、万之助だそうです」
思いも寄らぬ知らせに愕然とする雪之介。
もしや、お弓の身に何かがあったのか?
雪之介の胸を不吉な予感が刺し貫く……。

※「蛍火の里」より

【登場人物】
雨宮雪之介……南町奉行所の定町廻り同心。周りから「のらくら」と呼ばれる、三十六歳の好男子。
夏絵……同心頭・山本彦右衛門の一人娘。毎日雪之介の家に通い、身のまわりの世話をする美人。
月岡誠太郎……小石川養生所に勤める医者。ぶっきらぼうで愛想はないが、信頼できる腕利きの男。
金次……雪之介の父親の代からつかえている岡っ引。親と子ほどの年の差がある。
前島兵助……少し厄介と思いながらも、雪之介の才能を高く評価している与力。

【著者略歴】
瀬川 貴一郎(せがわ きいちろう)
大阪府生まれ。近畿大学卒業。
乱歩賞の最終候補に四回残る。
NHK、MBSなどでテレビドラマの脚本を手がけ、四十年以上もゴールデンタイムを堅守した、ABC「部長刑事」のメインライターを務める。
主なシリーズに『のらくら同心手控帳』『かげろう医者 純真剣』『空蝉同心隠書』などがある。

『蛍火の里 のらくら同心手控帳[三]』
瀬川貴一郎・著 ¥605
電子書籍はこちらからお買い求めいただけます


【シリーズ既刊】

『のらくら同心手控帳[一]』
瀬川貴一郎・著 ¥594
電子書籍はこちらからお買い求めいただけます

『銀嶺の鶴 のらくら同心手控帳[二]』
瀬川貴一郎・著 ¥605
電子書籍はこちらからお買い求めいただけます


※歴史行路文庫をお読みいただくためにはKindle端末またはKindleアプリが必要です。