書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評 細谷正充

細谷 正充

中條流不動剣〈二〉

蒼き乱刃

牧秀彦/著

レーベル:徳間文庫
出版社:徳間書店
刊行日:2016年8月5日
価格:640円+税
判型:文庫

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

 塩谷隼人と日々野左内。それぞれのシリーズで活躍していた主人公がタッグを組んだ、牧秀彦の「中條流不動剣」シリーズは、第二弾にして大きな節目を迎えた。別シリーズの主人公であり、前作にも顔を出した松平蒼二郎が、刺客として隼人を狙うのだ。理不尽な命を下したのは蒼二郎の実父で、白河藩藩主の松平定信。かつての仲間を守るため、蒼二郎は刺客を引き受ける。
 一方、隼人の側も、動きが激しい。まず、隼人の友人である左内が行動を起こす。前作で蒼二郎が斬った女御庭番の件により、御庭番衆と奇傑・平山行蔵も、隼人の手助けをするのだった。
 錯綜する状況を巧みに捌きながら、作者は隼人と蒼二郎の対決へと物語を導く。興奮必至のチャンバラの顛末は、是非とも読んで確認してもらいたい。ただ、これくらいはいってもいいだろう。「松平蒼二郎始末帳」シリーズから続いていた、蒼二郎と定信の確執が、ようやく決着するのだ。作者のファンならば、感無量の一冊なのである。

細谷 正充

ほそや まさみつ

著者紹介ページへ
[PR]