書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評 細谷正充

細谷 正充

無言殺剣

妖気の山路

鈴木英治/著

レーベル:徳間時代小説文庫
出版社:徳間書店
刊行日:2016年7月1日
価格:660円+税

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

 言葉を発することなき謎の浪人・おとなしもく。彼に心酔する若者のすけ。かつて一家を惨殺されたはつすずえいの「無言殺剣」シリーズ第四弾は、前作から引き続き、三人が中山道を歩んで行く。いままで不明だった旅の目的だが、どうやら初美を護るためだったらしい。一家惨殺の真相を闇に葬ろうとする者と、それを暴こうとする者。徳川幕府の権力者同士の暗闘が、初美に襲いかかろうとしていたのだ。
 本書の前半は、黙兵衛たちの歩みを旅情豊かに描きながら、初美を巡る状況を明らかにしていく。それと併せて、第一弾で黙兵衛が暗殺した大名の件から、彼を狙うよこやまじゅうろうの行動も活写。新たな激突を予感させる。
 そして後半のクライマックス、はっとりきゅうぞう率いる伊賀忍者の集団と、初美を護る黙兵衛・伊之助と僧兵たちの乱戦が勃発。激しいチャンバラの果てに、ショッキングなラストが待ち受ける。ここで続くとは、生殺しもいいところ。次巻を早くと、渇望してしまうのだ。

細谷 正充

ほそや まさみつ

著者紹介ページへ
[PR]