書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評 細谷正充

細谷 正充

平賀源内江戸長屋日記

春風駘蕩

福原俊彦/著

レーベル:徳間時代小説文庫
出版社:徳間書店
刊行年月:2016年5月7日
価格:640円+税
判型:文庫

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

 気鋭・ふくはらとしひこの新シリーズが開幕した。主人公はひらげんない。博物学からさくまで、マルチな才能を発揮した江戸の天才だ。もともとはさぬはんまつだいら家の下士だったが、いまはいもうと婿むこに家督を譲り、神田の長屋で暮らしている。そんな源内と、娘御用聞きのおさちが出会うのが、第一話「薬品会のてんまつ」だ。薬品会で起きた盗難未遂事件を鮮やかに解決する、源内の手際が見事である。なお物語のラストでお祥が、源内いる長屋の住人となった。
 続く第二話「神田明神芝居の始末」は、みや芝居の役者殺しに、源内とお祥が挑む。事件そのものは単純だが、同じ長屋の住人の歌舞伎役者の正体にビックリ仰天。この作者、やるものである。
 そして第三話「松平江戸屋敷の騒動」では、旧主である松平家の騒動にかかわった源内が、意外な真相を暴き出す。武士を捨てた源内の心意気や、お祥の人間としての成長など、読みどころは満載。ぬまおきつぐもちらりと登場して、これからが楽しみなシリーズだ。

細谷 正充

ほそや まさみつ

著者紹介ページへ
[PR]