書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評 細谷正充

細谷 正充

真田合戦記

昌幸の初陣

幡大介/著

レーベル:徳間文庫
出版社:徳間書店
刊行日:2016年5月7日
価格:660円+税

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

 とうの勢いで刊行される「真田合戦記」シリーズは、第五弾でネクスト・ジェネレーションに突入した。ついにさなげんろう(後のまさゆき)が、主役になったのである。
 まだ元服前だが、たけしんげんおくしょうをしている源五郎。武田家の人質でもあり、気の抜けない日々を過ごしていた。そんな折、第四次かわなかじま合戦がぼっぱつ。初陣に挑んだ源五郎は、戦場の悲惨な現実を知ることになる。
 信玄の父親ののぶとらと、ウォー・ゲームをする場面など、作者は創作を加えながら、源五郎の才能のへんりんを見せていく。しかし、せんめつ戦の様相を呈した第四次川中島合戦で、彼の青臭い自信はへし折られる。地獄のごとき戦場を体験した源五郎が、これからいかなる成長を遂げるのか。興味は尽きない。
 もちろん源五郎の父親のゆきつなも健在。武田・うえすぎほうじょうの三勢力のおもわくさくそうする中、真田家生き残りのために鬼謀を使するのだ。おや二代になって、ますますパワーアップした物語が、たまらなく面白いのである。

細谷 正充

ほそや まさみつ

著者紹介ページへ
[PR]