書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評 細谷正充

細谷 正充

妖草師

魔性納言

武内涼/著

レーベル:徳間文庫
出版社:徳間書店
刊行日:2016年2月5日
価格:740円+税
判型:文庫

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

 ムック「この時代小説がすごい! 2016年版」の文庫書き下ろし部門の一位に輝いた「妖草師」シリーズが、第三弾にして最高のクライマックスを迎えた。人の心をなえどこにして、この世に現れる妖草を刈り取る妖草師・にわしげは、幕府転覆の陰謀と、その裏でさらなる野望をたぎらせる隠れ妖草師に立ち向かう。
 京の都の妖草騒ぎを皮切りに、巻き起こる激しい闘い。この国の平和を守るため、さらわれた愛する女性を取り返すため、仲間たちと共に敵の本拠地である〝妖木館〟に、重奈雄は乗り込む。さまざまな妖草を駆使した、ぎょうのバトルは興奮必至。幕府が尊王論者を弾圧したほうれき事件を取り入れたストーリーも、読みごたえがあった。
 さらに、歴史上の実在人物の躍動も見逃せない。シリーズでお馴染みの、しょうはくいけのたい夫婦といった絵師に加え、うえあきなりふじもんが新たに登場。物語をにぎやかに彩っていく。ここも本書の、独自の魅力になっているのである。

細谷 正充

ほそや まさみつ

著者紹介ページへ
[PR]