引札収集棚

早見 俊
早見 俊

千代ノ介御免蒙る

目黒の鰻

早見俊/著

レーベル:双葉文庫
出版社:双葉社
刊行年月:2016年3月
価格:630円+税
判型:文庫

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

双葉文庫新シリーズ第一作

 江戸時代、相撲すもう番付を、様々な番付表が出回りました。料理屋、美人、名酒等、庶民は番付に見立て楽しんでいました。
 主人公の下級旗本一柳千代ノ介は、将軍徳川家斉の特命を受けます。なんと、こうかん出回っている番付表のしんがんを確かめよ、と番付目付を命ぜられたのです。あおいの御紋入りの手形と、将軍家伝来のわざものなんせんいちもんを手に、番付表に隠された陰謀を暴き立て、悪党成敗にまいしんします。
 相撲取り並の体格をしているのに、自分は病気がちで短命だと信じている絵双紙屋の助次郎、妄想癖が強く、常に陰謀の影に闘志をかきたてる公儀御庭番村垣格之進、焼きもち焼きで料理許嫁いいなずけ文代、そしてお気楽な将軍様徳川家斉、個性的なキャラクターが脇を固めます。
 江戸の風俗や文化に浸りながら悪党退治の爽快感を味わってください。

[平成28年(2016)3月14日]

[PR]