書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評 細谷正充

細谷 正充

もんなか紋三捕物帳

九尾の狐

井川香四郎 /著

レーベル:徳間文庫
出版社:徳間書店
刊行日:2016年1月7日
価格:640円+税
判型:文庫

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

 三つの出版社で展開されている、「もんなか紋三捕物帳」シリーズの第四弾が登場した。南町奉行・おおおかえちぜんから直々にしゅぶさじっを預けられ、十八人の岡っ引を子分に持つ〝もんなかもんぞう〟は、今日も事件を追いかける。
 本書には短篇四作が収録されている。第一話「老中殺し」で、下情を知らぬ老中に現実を見せつけたりと、相変わらず紋三の行動は痛快だ。
 しかし、おんなぞく率いる〈九尾の狐〉という盗人集団は難敵であった。第二話「無責任同心」、第三話「九尾の狐」では、いま一歩のところで賊を取り逃がす。その間に生まれた人間ドラマに、深い味わいがある。
 そして第四話「紋三の首」で、紋三自身に関する、衝撃の真実が待ち構えていた。読者の興味を削がないよう、詳しくは書かないが、主人公がここまできゅうだんされることに驚いたのである。でも、ここに作者のメッセージがある。痛快の裏にある人の哀しみと、生きることの難しさが、巧みに表現されているのである。

細谷 正充

ほそや まさみつ

著者紹介ページへ
[PR]