書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評 細谷正充

細谷 正充

新・問答無用

難局打破!

稲葉稔 /著

レーベル:徳間文庫
出版社:徳間書店
刊行日:2015年12月3日
価格:630円+税
判型:文庫

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

 許嫁いいなずけさだすけと共に江戸見物をしていたおみちは、大八車から落ちたさかだるによるで歩行困難になり、縁談も潰れかけている。しかし、荷主と車宿が意地を張り合い、償い金も支払われていない。町年寄のもとで働く、探索人のかしわそうじゅうろうが乗り出すが、騒動を引き起こした車力が殺され、江戸に出てきた貞助が疑われた。この件にかかわる宗十郎は、貞助の無罪を信じて、事件の真相を追う。
 柏木宗十郎の正体は、「問答無用」シリーズのおとろうだ。数奇な運命にほんろうされる彼の人生は、「新・問答無用」シリーズへと受け継がれた。その第二弾となる本書でも、宗十郎の苦労は続く。償い金の問題解決を託されたのを切っかけに、殺人の裏に潜む悪党たちと対決することになるのだ。宗十郎の調べにより、しだいに明らかになる事件の真相と、クライマックスで爆発するチャンバラが、大きな読みどころだ。
 また、理不尽な不幸に見舞われたカップルの、真っ直ぐな想いも要チェックである。

細谷 正充

ほそや まさみつ

著者紹介ページへ
[PR]