書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評 細谷正充

細谷 正充

無言殺剣

大名討ち

鈴木英治 /著

レーベル:徳間文庫
出版社:徳間書店
刊行日:2015年11月6日
価格:670円+税
判型:文庫

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

 かつて中公文庫で刊行されていた、すずえいの「無言殺剣」シリーズが、徳間文庫で復刊。その第一弾となる本書を、久しぶりに読み返して、面白さを再確認した。なにしろ設定とキャラクターがいい。
 に現れた謎の浪人。剣は凄腕だが、なぜか言葉を発しようとはしない。浪人に心酔するやくざの若者のすけから〝おとなしもく〟と名付けられ、これが通称となる。
 そんな黙兵衛に、ある殺しの依頼が来た。標的は、古河領と接するせき宿やどはんの藩主・とよひろ。老中の座を巡り、家と争っている大名だ。かくして一介の浪人による、常識外れの大名暗殺計画が動きだす。
 有言実行ならぬ無言実行。一切のちゅうちょなく、困難なミッションに挑む黙兵衛がかっこういい。暗殺の結果がどうなるかは書かぬが、ストーリーの魅力も抜群だ。
 さらに黙之助に心酔する伊之助が、いい味を出している。真の男にれ込んだ若者の変化と成長も、シリーズの読みどころになっているのである。

細谷 正充

ほそや まさみつ

著者紹介ページへ
[PR]