書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評 細谷正充

細谷 正充

剣客子連れ旅

三匹の鬼

神谷仁/著

レーベル:徳間文庫
出版社:徳間書店
刊行日:2015年10月9日
価格:640円+税
判型:文庫

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

 神谷仁のデビュー作『剣客子連れ旅 竜虎の父』が、早くもシリーズ化された。本書は待望の第二弾である。かわなべ藩の愚劣な抗争により妻子を殺され、さらに竹馬の友のがわりゅうろうかたきだと思い込んでいるかたおかとらすけ。生き残った幼い娘と、成り行きで竜五郎の幼い息子を連れて、あだうちの旅に出た。
 その後、川鍋藩がお国替えになったが、虎之介たちを巡る騒動は終わらない。虎之介と竜吾郎、さらには城代家老の腹心だったよしむらそうじゅうろうに、江戸家老が刺客を放ったのだ。それぞれの人生をかすらせながら、刺客との斬り合いを繰り広げる三人。そしてクライマックスでは虎之介が、一対七の死闘を演じるのであった。
 人物の出し入れの巧さ。迫真のチャンバラ・シーン。権力者のおもわくほんろうされる者の怒りと悲しみ。デビュー作で示された要素は、本書で一段とパワーアップ。興趣を増す物語が、作者の急激な成長を感じさせてくれた。だから本を閉じた途端、シリーズ第三弾を待ち望んでしまうのである。

細谷 正充

ほそや まさみつ

著者紹介ページへ
[PR]