書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評 細谷正充

細谷 正充

大太刀軍兵衛奔る

血戦! 蛇神金山

早見俊 /著

レーベル:徳間文庫
出版社:徳間書店
刊行日:2015年10月9日
価格:640円+税
判型:文庫

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

 元いまがわ家の家臣で、今は自由都市・さかいしゅばんがしらをしているほんじょうぐん。六尺の大太刀を自在に操ることから、六尺軍兵衛と呼ばれる、戦国の豪傑だ。その軍兵衛が、有名ないなやま城乗っ取りに参加したシリーズ第一弾に続き、新たな戦いに乗り出していく。いっこういっ衆と共に、なんばんれいとして売られる人々を助けたのを切っかけに、しゅうの金山に捕われた民衆の救出に向かうのであった。
 妻のみつとの穏やかな暮らしを望む軍兵衛だが、その力が風雲を呼ぶ。冒頭の南蛮船急襲から始まり、さまざまな思惑を秘めた軍兵衛一行は、金山を目指す道中で、激しい戦いを繰り広げる。難しいことなど考えず、自分の心のままに六尺の剛刀を唸らせる軍兵衛が、とにかく痛快だ。
 さらに、ひと捻りしたストーリーも見逃せない。金山のある村を支配する、軍兵衛のライバル的な人物の目的が明らかになったときは、あっと驚いた。シリーズ第二弾にして、早くも絶好調といいたくなる面白さだ。

細谷 正充

ほそや まさみつ

著者紹介ページへ
[PR]