書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評 細谷正充

細谷 正充

冷飯食い 小熊十兵衛

開運指南

小早川涼/著

レーベル:徳間文庫
出版社:徳間書店
刊行日:2015年10月9日
価格:630円+税
判型:文庫

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

 抱いた女の心願を叶える。俊英・小早川涼の新シリーズの主人公のぐまじゅうは、〝あげまら屋〟という奇妙な裏稼業を持っていた。そんな十兵衛を訪ねてきたのが、旗本の若侍・ぬまりゅうすけ(後のおきつぐ)である。かつて龍助が老中になるようにという心願を抱いて、十兵衛を頼ったという娘が、奉公先の旗本屋敷で死んだというのだ。しかも千代が幽霊になって、屋敷に出没しているという。なりゆきで龍助とコンビを組み、捜査を始めた十兵衛だが、その先には思いもかけない事態が待ち構えていた。
 八十八歳の老婆に十兵衛が迫られるユーモア・エロチカ風の冒頭から始まり、バディ(相棒)物になったかと思えば、旗本屋敷に乗り込んだ龍助が名推理を発揮。さらに十兵衛が予想外な幽霊に取りかれたりと、内容は盛りだくさん。一連の事件の真相も面白く、世故に長けているがお人好しの十兵衛のキャラもいい。現在、人気急上昇中の作者だが、それも納得の快作だ。

細谷 正充

ほそや まさみつ

著者紹介ページへ
[PR]