書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評 細谷正充

細谷 正充

禁裏付雅帳

政争

上田秀人/著

レーベル:徳間文庫
出版社:徳間書店
刊行日:2015年10月9日
価格:660円+税
判型:文庫

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

 文庫書き下ろし時代小説を支える、大物作家のひとりである上田秀人が、新たなシリーズを立ち上げた。主人公は、旗本五百石のとうじょうたか。老中首座のまつだいらさだのぶから公儀御領巡検使を命じられたが、裏には互いの称号問題でにらみ合う、幕府と朝廷の確執があった。そして鷹矢の真の目的は、朝廷に圧力をかけるため、公家の不正を探ることである。かくして京に向けて旅立った鷹矢は、激しい政争の渦に巻き込まれていく。
 第一長篇『竜門のえい』から朝廷に注目していた作者だけに、物語を動かす設定が抜群だ。しかも鷹矢の最初の敵となるのは、実に意外な存在である。詳しい内容は省くが、歴史上の事実を背景にして魅力的な政争を創り出す、作者の史眼に基づく空想力が素晴らしい。
 また、権力者の駒である主人公が、どのように成長していくかも、シリーズのポイントであろう。本書のラストで新たな役職を与えられた鷹矢のさらなる活躍を、せいそうな政争の行方ゆくえと共に、楽しみにしているのだ。

細谷 正充

ほそや まさみつ

著者紹介ページへ
[PR]