インタビュー 「神谷仁」先生
歴史行路編集部
歴史行路編集部

神谷仁先生
『剣客子連れ旅 竜虎の父』
刊行記念インタビュー


 2015年6月に、『剣客子連れ旅 竜虎の父』(徳間文庫)で、時代小説界に鮮烈なデビューを飾ったかみじん先生。
 歴史行路さんがプロデュースした最初の作家さんでもある神谷先生に、刊行までの経緯いきさつや作品についての内容、秘めた思いなどをお聞きしました。
 どうぞお楽しみください。


2015年6月25日
於/都内某所
インタビュー&構成/しまなみ

印税生活は夢か

麻嶋美波 (以下、麻嶋)今日は、初めてお目にかかるということで、だいぶ緊張していますが、どうぞよろしくお願いいたします。

神谷仁先生 (以下、神谷)こちらこそ、人生初のインタビューで、かなり緊張していますよ。

麻嶋 では、緊張しているもの同士として、よろしくお願いいたします。余計なお時間を取らせてしまって、ご執筆に悪影響が出てはいけませんので、さっそく本題に入らせていただきますね。まずは単刀直入な質問ですが、なぜ作家になったのでしょうか?

神谷 うーん……なんとなく、としか言いようがありませんね。

麻嶋 もともと作家になりたいと思っていたわけではないのですか?

神谷 全然思っていなかったわけではないんですが、自分にとっては、本当に運が良く、奇跡的なことでした。より正確に言えば、「なった」というよりは、「なれた」という感じでしょうか。書店さんに自分の本が並ぶのを目にするまで、「なった」のを実感できませんでしたし。

麻嶋 では、少しは作家になりたかったお気持ちがあったのですね。ちょっとホッとしました。その理由を教えていただけますか?

神谷 作家になりたかった理由ですか……むろん夢の印税生活(笑)。本を一冊出せば、むらかみはるさんみたいに印税がガッポリ入ると……はかない夢だと知りました。

麻嶋 出版不況の今、印税生活は、夢のまた夢ですものね。発売される前に見本をご覧になったと思うのですが、そのときカバーやオビをご覧になって、一番初めにどのようにお感じになりましたか?

神谷 題名の、ロゴタイプの収め方が上手くて、格好よく感じました。書店さんで平積み――と言うんでしょうか――されたとしても、ひときわ目立つだろうと思いましたね。

麻嶋 多くの作家さんが、デビュー作が発売されると、まずは近所の書店さんに行って、並んでいるのを確かめる。次に、初めの1冊目が売れるのを目撃できるまで、ずっとそばで本を選んでいるフリをする、といいますけれども、先生はどうでしたか?

神谷 そうですね。最初に手に取ってくれた方に、「ありがとうございます」と、思わずのどまで出かかりました。その前に書店員さんへ、「これは自分が書いた本なんです」と、宣伝したくなりましたが。まるで不審者のようですね。つまり、ごく普通の新人作家の反応ですよ(苦笑)。

麻嶋 それは意外ですね。とてもデビュー作とも思えないほどの高いクオリティーでしたので、不安よりも期待の方が勝っていたのだろうなと思っていました。

神谷 いえいえ、とんでもありません。小説の基本を習ったわけでもないですし。やみくもに書いて出来上がった原稿を、偶然知り合った編集者さんからご紹介を受けて、歴史行路さんに持ち込んだら、面白いとの評価を受けまして。ただ、誰しもそれで本が出せるわけでもありません。そこが、天才はだっていうのですかねぇ。いえ、じょうだんです(笑)。

麻嶋 間違いなく才能がおありだと思います! その才能を発揮される前、作家デビューする以前は、どのようなお仕事をされていたのでしょうか?

神谷 とても、人さまにお話しできるような仕事ではありません。ですが、後ろめたいことはしてませんので、ご安心ください。

麻嶋 そ、そうなんですね……。ちなみに、現在は作家専業でしょうか? 別にお仕事を持っていらっしゃるのですか?

神谷 今さらどこも雇ってくれるところがありませんので、専業とならざるをえません。

麻嶋 すでに専業になっていらっしゃったんですね!? 大変失礼いたしました。それだけのご覚悟をもって、『竜虎の父』をご執筆されていたと……。

神谷 ですので、人ひとりを助けると思って、ぜひご購入をお願いしたいです。

麻嶋 先生、そんな頭を下げずとも……。お名前はご本名でしょうか? ペンネームであれば、その由来を教えてください。

神谷 むろん、ペンネームです。本名ですと、いろいろまずいこともありますし……。由来も秘密ということにしておいてください。

インタビュー

期待の次巻はいつ発売?

麻嶋 では、デビュー作をご執筆するにあたって、ご苦労された点がありましたら、ぜひ。たとえば、筆が行きつ戻りつして、まったく進まなかったとか、そういうことはありましたか?

神谷 執筆スピードは、原稿用紙換算で1日20枚程度です。脱稿までは、そうですねぇ……1か月弱だったでしょうか。執筆における苦労ですが、人生を生きる苦労に比べたら、とても苦労とはいえません。けっこう楽しく書けました。

麻嶋 なにかこう、先ほどのふんから、先生ならではの、深みのあるお言葉ですね。勝手な想像ですが、波乱万丈な人生を過ごしていらっしゃったであろう先生が、この物語を思いついたきっかけはなんだったのでしょう? ずいぶん複雑に入り組んでいますし、意外な展開ばかりですので、考えるのが大変そうですけれども。

神谷 最初の10行が決まれば、あとはどんどん浮かんできます。主人公が勝手に動き始めたら、周りの登場人物も自然に動き出して、ああいう物語になりました。筆の流れに任せた結果といいますか。

麻嶋 それはなかなかできない書き方ですね!? 登場人物が勝手に動き回ったということですけれども、思い入れのあるのは誰でしょう? 書きやすかった人物、逆に書くにくかった人物はいるのでしょうか?

神谷 みんな書きやすかったですし、書きにくかったです。すべてを文字で表現しなければならない小説のキャラクターは、本当に難しいですね。

麻嶋 文字、絵、映像、それぞれ難しさが違うのでしょうね。赤ん坊や小さな子どもを描くのがとてもお上手ですが、なにかけつはありますか?

神谷 秘訣なんてとても。自分がいい年なのに、子どものようだからでは。ツレアイからもよく言われます。いつまでっても、子どもみたいだと。どんなに幼くても、その気持ちになって考えれば、ああいった表現ができます。

麻嶋 そうなんですね。なつりゅうきち可愛かわいさを感じる理由がわかりました。ふたりの行く末が気になるところです。そのふたりの赤ん坊の親である、とらすけりゅうろうですが、主人公の虎之介にとって、竜吾郎はちくの友でありながら、きゅうてきでもありますよね。このふたりを中心に物語は進んで行きますが、親友となるまでのエピソードは今後描かれるのでしょうか?

神谷 それは何とも、どうするかまでは。ただし、気持ちのすれ違いのはざ間で、いろいろな事件に巻き込まれる。そんな展開にしたいと考えています。

麻嶋 なるほど、親友になるまでの経緯が描かれることを期待しています。また、意外な正体で、さらに意外な行動に出るヒロインのおふじ、そしてバイプレイヤーにして、抜群の存在感をかもし出すそうじゅうろうのこれから先なのですが、今から決めているのですか?

神谷 かわなべはんに起きた事件の真相解明と、虎之介の大願であるあだうちの結末が主軸となる物語ですが、そこにいろいろな人物がからみ合って、胸が高鳴るような場面や、人の情を織り込みたいと思っています。お藤と聡十郎は、そのための大事な存在であります。

麻嶋 詳しくは企業秘密なわけですね(笑)。ありがとうございます。ところで、前半の舞台となった川鍋藩は架空の藩だと思いますが、モデルとなった藩はありますか?

神谷 物語を読んでいただけば分かると思いますが、川鍋はかわごえあきづき家はあきもと家がモデルです。『竜虎の父』は歴史小説ではなく、あくまでも娯楽時代小説です。地名だけで作り話と分かっていただけるために、あえて実名は避けました。ですから、絶対にこの小説を大学受験の参考書として活用しないでください(笑)。

麻嶋 (笑)そろそろ時間も押し迫ってまいりましたので、まとめに入りたいと思いますが、次巻の刊行はいつ頃の予定でしょう?

神谷 6月から7月にかけて書きますから、あとは徳間書店さんの予定に合致すればと。なるべく、早く出していただけたらと願っています。

麻嶋 ということは、年内には2巻目が刊行されるだろうと思いますが、シリーズは何巻まで続くご予定でしょうか? ※編集部註:10月に刊行されました。

神谷 続くも続かないも売れ行きだいということですから、このインタビューをご覧いただいている皆様には、ぜひ新刊書店でのご購読お願いします。

麻嶋 そうですね! では最後に、歴史行路さん初プロデュースの作家さんとして、なにか一言お願いします。

神谷 素人しろうとが書いた作品でも、歴史行路さんの眼鏡めがねにかなったなら、拾っていただけるということです。これからもよろしくお願いいたします。見捨てないでくださいね(笑)。

麻嶋 (笑)大丈夫ですよね、歴史行路さん?

編集部 大丈夫です!

(了)


 終始なごやかな雰囲気のうちに、インタビューはお開きとなりました。
 初対面で緊張する私をづかってくださり、ときおり楽しい雑談を交え、冗談をたくさん飛ばしていただきながらお答えくださったのですが、全文掲載できないのがとても残念です。
『剣客子連れ旅 竜虎の父』の内容につきましては、ほそまさみつ先生から書評をいただいていますので、ぜひそちらをご覧ください。
 インタビューでも少し触れましたが、いんねんある赤ん坊ふたりがどのような将来を歩むのか、そこがひとつの読みどころではないでしょうか。
 年内に刊行予定の次巻を今から心待ちにしています!

『剣客子連れ旅 竜虎の父』の書評はこちらです。