書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評 細谷正充

細谷 正充

明智大戦記〈一〉

光秀死せず!

竹中亮/著

レーベル:徳間文庫
出版社:徳間書店
刊行日:2015年6月5日
価格:660円+税
判型:文庫

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

 本能ほんのう寺の変で織田信長おだのぶながを討ち、天下人にもっとも近づいた明智光秀あけちみつひでは、しかし山崎やまざきの戦いで羽柴秀吉はしばひでよしに破れ、敗走の途中で落ち武者狩りに殺された。だが、秘かに生き延びたのではないかともいわれている。本書は、そうした光秀生存説を踏まえながら、彼の新たな活躍を描いた架空戦国小説である。

 危機一髪のところを、四国の雄・長曾我部元親ちょうそかべもとちかの放った、異能の者に助けられた光秀。元親に恩義を感じた彼は、長曾我部家の軍師として、四国平定に協力する。ここから始まる、もうひとつの戦国史が、本書の大きな読みどころなのだ。

 また、光秀が本能寺の変を引き起こした理由が、信長を殺すことではなく、いさめるためであったという解釈が面白い。光秀の人物像からすると、そちらの方があり得そう。なのになぜ、信長が死ぬことになったのか。その謎も本書のポイントとなり、読者の興味をグイグイと引っ張っている。これからの展開が楽しみな、シリーズ第一弾だ。

細谷 正充

ほそや まさみつ

著者紹介ページへ
[PR]