寂れた宿場を二分する勢力、〝鬼熊の五呂蔵一家〟と〝うわばみの源次郎一家〟。半年ほど前から仕切りをかけたにらみ合いが続いていたが、ついに今日、往来のまん真ん中で大立ち回りがはじまろうとしていた――。と、そこへ現れた凄腕の浪人。助太刀に来てくれと頭を下げるふたりの親分に、浪人が出した意外な条件とは? どころ満載、腹筋崩壊の時代活劇!

第1話

スイーツ侍

 さびれた宿場に、乾いた風が舞っていた。
 宿屋の者、茶店の者──宿場の誰もが、ぴったりと戸を閉め、時がすぎるのを待っている。
 往来をはさんで、二つの集団がにらみ合っていた。
 それぞれ三十人ほどであろうか。むさ苦しい男たちである。
 背も低く、足も短いが、筋肉だけはたっぷりとついている。字は読めないが、足は速い。酒とけんが得意──そんな男たちである。
 鬼熊のぞう一家と、うわばみのげんろう一家。宿場の仕切りをかけたにらみ合いである。手下たちの手には、あいくちや安物の刀が握られていた。

「そろそろ、わしに頭ァ下げてもいいんでねが。のう、源次郎。いいんでねが!」

 五呂蔵がいった。鬼熊などと強そうに名乗ってはいるが、ひょろりとせぎすで、胃腸も弱く、ぜんそくもちである。

「ねぼけるでねえ! おめこそ、さっさといれれ。わび入れれれ!」

 対する源次郎は、太りすぎで朝が弱く、近眼で腰痛もちであった。

「おめ、が一個多いんでねが」

「やっかまし!」

「昔の仲間と思って、優しくしてればつけあがってよ!」

「おめみてえに、有線のC27しか聞かねえやつは、仲間なんかでねえ!」

「あれで朝起きるのがいいんでねが!」

「わがんね!」

txt_nextLogin

既存ユーザのログイン
   

スイーツ侍

杉澤 和哉

杉澤 和哉

すぎさわ かずや

著者紹介ページへ