源氏物語 姫君仏教トーク
英月
英月

 紫式部『源氏物語』に登場する姫君たちが、英月に恋愛相談をした?
 私たちが悩み苦しむ、すべての問題の答えが、仏教(=お経さん)にあるのであれば、恋愛問題の答えも必ずあるハズ。
 古典を学べるうえに仏教まで学べ、しかも恋愛の悩みも解消できる、お得すぎる恋愛相談。仏教ガールズトークが爆発する!?

第4話

今回の悩み多き姫君
「夕顔」

「雨夜の品定め」でひかるげんの義兄であり親友でもあるとうのちゅうじょうが、忘れがたい人としてとこなつむすめを思い出していましたが、ゆうがおこそその人です。頭中将との間に娘までもうけながらも本妻に嫉妬され、五条の粗末な家に隠れ住む、「なかしな」といわれる中流階級の女性。
 病気のを見舞った光源氏と、その隣家に住む夕顔は出会い、互いにじょうを隠したまま関係を重ねます。ところがある日、光源氏に連れ出された廃院で、ものにおそわれて急死。

txt_nextLogin

既存ユーザのログイン
   
英月

英月

えいげつ

著者紹介ページへ