島津三国志 島津義弘公 大河ドラマ 誘致委員会 コラボ企画
 霧雨の中、十三基の地蔵塔の前で佇む、若者がひとり――立派な体つきだが、粗末な継ぎ接ぎだらけの身なりは、貧しさとの闘いをうかがわせた。鬱蒼とした樹々に溶け込んだかのような若者の背後へ、ふいに白髭の老人が現れた。驚いて立ち去ろうとする若者に、老人は杖をつきながら、関ヶ原の戦いで島津義弘が決行した敵中突破を訥々と語り始めた……。

第3話

遙かな海〈一〉

     一

 白浜の向こうに果てしなく広がる群青ぐんじょう大海原おおうなばらは、遠くに湧き上がる入道雲までも包み込んでしまいそうだった。
 波音がザザンザザンと繰り返し、野袴のばかますそらす浜辺に立って、遙か沖をながめるのが又四郎またしろうは大好きだった。まだ元服前の十二歳だが、目鼻立ちがりんとした大人びた風貌ふうぼうで、背丈せたけも並の大人ほどあった。又四郎は幼名であり、後の島津しまづ義弘よしひろである。

 生まれ育った薩摩さつま国の伊作いざく亀丸かめまる城から、一ほど西に下った所に、東シナ海に向かって広がる、吹上浜ふきあげはまという砂丘がある。海亀が産卵するほど美しい砂浜で、強い風を受けながら、陽光にきらめく波を見ていて飽きることがない。また、夕暮れになれば、大きく真っ赤な夕陽が水平線に沈んでいく。その厳かな景色も、又四郎の心に深く刻み込まれていた。

 切り立つような高い山城に住んでいる又四郎だが、祖父の日新じっしんさいや父の貴久たかひさに連れられて、よくこの浜まで散策に来ていた。亀丸城からの眺めもいいが、雄大な海にじかに触れられるから、気持ちがたかぶった。山よりも海の方が、又四郎の肌に合っているのか、潮の香りを浴びるたびに、己でもどうしようもないほど、血肉が沸き躍るのだ。

 この日は、東シナ海を右に眺めながら、祖父の日新斎の住む、加世田かせだの城まで行くつもりだった。
 この城を日新斎とともに、貴久が、同族の島津実久さねひさから落としたのは、天文てんもん七年(一五三八)だから、又四郎が三歳の頃のことである。貴久は大永だいえい七年(一五二七)に薩摩、大隅おおすみ日向ひゅうがの守護職になったとはいえ、この三国は未だに混乱しており、まだすべての実権を掌握しょうあくしてはいなかった。大隅の肝付きもつき氏や日向の北原きたはら氏、薩摩にも入来いりき氏や菱刈ひしかり氏らの国人衆が〈群雄割拠〉していた。

井川 香四郎

井川 香四郎

いかわ こうしろう

著者紹介ページへ