作品紹介

島津三国志 島津義弘公 大河ドラマ 誘致委員会 コラボ企画

島津三国志

著/井川 香四郎

【あらすじ】

戦上手だけでは敵中突破できぬ。義弘の慈愛と世界観

島津義弘公大河ドラマ誘致委員会全面協力

 霧雨の中、十三基の地蔵塔の前で佇む、若者がひとり――立派な体つきだが、粗末な継ぎ接ぎだらけの身なりは、貧しさとの闘いをうかがわせた。鬱蒼とした樹々に溶け込んだかのような若者の背後へ、ふいに白髭の老人が現れた。驚いて立ち去ろうとする若者に、老人は杖をつきながら、関ヶ原の戦いで島津義弘が決行した敵中突破を訥々と語り始めた……。

【主な登場人物】

島津義弘……島津氏十七代当主。
日新公……島津忠良。日新斎とも。薩摩国島津家中興の祖。
島津豊久……義弘の甥。

感想・意見を投稿しよう!