著者紹介

鳴神 響一なるかみ きょういち

鳴神 響一
1962年、東京都生まれ。中央大学法学部政治学科卒業。 2014年、全選考委員満場一致により、第6回角川春樹小説賞を受賞した『私が愛したサムライの娘』(受賞時タイトル『蜃気楼の如く』)で、鮮烈なデビューを飾る。翌年、同作品にて、第3回野村胡堂賞を受賞。著書に『鬼船の城塞』(角川春樹事務所)がある。熱烈なフラメンコファンである。