著者紹介

蒲原 二郎かんばら じろう

蒲原 二郎
1977年、静岡県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大学卒業後、海外を放浪。帰国後、政治家を志し、議員秘書となるも挫折。2010年3月、第10回ボイルドエッグズ新人賞受賞作『オカルトゼネコン富田林組』(産業編集センター)で鮮烈なデビューを飾る。現在は家業を継ぎながら執筆に励む、悩める兼業僧侶である。その他の著書に『オカルトゼネコン火の島』(産業編集センター)、『ゴールデン・ボーイ』(角川書店)、『祟りのゆかりちゃん』(幻冬舎)がある。