著者紹介

天野 純希あまの すみき

天野 純希
1979年生まれ、愛知県名古屋市出身。愛知大学文学部史学科卒業後、2007年、「桃山ビート・トライブ」で第20回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2013年、『破天の剣』で第19回中山義秀文学賞を受賞。そのほかの著書に『青嵐の譜』『南海の翼 長宗我部元親正伝』『サムライ・ダイアリー 鸚鵡籠中記異聞』『風吹く谷の守人』『信長暁の魔王』『覇道の槍』などがある。新時代の歴史小説界を担う俊英として注目される。