新着情報

〔自分だけの絵を描きたい〕
谷津矢車先生
『洛中洛外画狂伝 狩野永徳』

書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評 細谷正充
歴史行路編集部
歴史行路編集部

自分だけの絵を描きたい

 戦国末期に生きた稀代の絵師が、「洛中洛外図屏風」を完成させるまでの波瀾万丈を描いた傑作歴史小説『洛中洛外画狂伝 狩野永徳』
 松永久秀や織田信長ら、時代の巨人に愛された狩野永徳は、室町幕府十三代将軍足利義輝の「予の天下を描け」という難題に、己のすべてをかけて挑むのですが……。
 狩野派の若き天才が選ぶのは、破壊なのでしょうか、それとも創造なのでしょうか?
 谷津矢車先生の激しい熱気とともに、本作に込めた深い想いが伝わってきます。

 どうぞ細谷正充先生の書評をお楽しみ下さい。

 ⇒ 書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評