書物目利所 達眼老練の四〇〇字書評 細谷正充

細谷 正充
細谷 正充

拵屋銀次郎半畳記

俠客〈二〉

門田泰明/著

レーベル:徳間時代小説文庫
出版社:徳間書店
刊行日:2017年6月2日
価格:680円+税
判型:文庫

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

 門田泰明の「こしらえ銀次郎」シリーズの最新刊『きょうかく』の第二巻が刊行された。一日も早く続きが読みたいと、待ちわびていた人も多いだろう。さあ、本を開いてかついやそうではないか。
 おおだなの内儀やいきすじの、しょうや着付けの拵え事を仕事にしている銀次郎は、老舗しにせ呉服問屋の隠居殺しから始まった、一連の騒動にかかわってきた。だが事態は、混迷の度合いを深める。まず、大奥大御年寄の絵島が襲撃される。さらに銀次郎の助手を務めるせんが、何者かにさらわれた。仙の行方ゆくえを求める銀次郎の前に、やがて絵島や新井白石も加わった幕府の権力抗争と、なぞの武士・ゆかなめり七四郎の存在が、浮かび上がってくるのであった。
 あちこちに現れる番打ち小判(ほうしょう用の小判)の出どころ。床滑七四郎の正体。大坂に集まった俠客の動き。そして相次ぐチャンバラ。たくさんの読みどころをちりばめ、銀次郎の魅力を際立たせた物語は、第三巻に続く。ああ、また一日も早く読みたいと思う日々が始まるのである。

〝拵屋銀次郎半畳記〟シリーズはこちらです。


拵屋銀次郎半畳記

俠客〈一〉

レーベル:徳間時代小説文庫
出版社:徳間書店
刊行日:2017年1月7日
価格:680円+税
判型:文庫

amazon.co.jpセブンネットショッピング

TSUTAYAオンラインショッピング楽天ブックス

細谷 正充

細谷 正充

ほそや まさみつ

著者紹介ページへ
[PR]